事務所代表 木原真哉(キハラシンヤ)

税理士・社会保険労務士
大阪府出身、30代

私は3つの特徴を強みにしています。①元税務調査官の税理士で、②理系出身でITに強く、③税理士・社労士のダブルホルダーであるという特徴です。

税務調査が不安な方や、ITに強い税理士をお探しの方。税金や会計だけでなく社会保険や助成金のご相談もされたい方など。そのニーズに当事務所がお応えします。

① 元税務調査官の税理士

私は元税務調査官です。法人担当の税務調査官として多数の中小企業の税務調査をしてきました。
2021年現在、都内で開業している国税出身で30代の開業税理士は5人に満たないそうです。

税務大学校での長期研修で金時計(優等賞)を取った点も評価され、採用5年目には税制を所掌する財務省に抜擢されました。
霞が関では圧倒的な業務量に忙殺。毎日深夜・早朝まで大量の条文を読むなど制度の検証を繰り返した結果、一般的な税務職員よりもさらに税制に精通するに至りました。

当事務所の強みの一つは、元税務調査官としての現場の経験と、元財務省税制改正担当としての税法知識に裏付けされた税務アドバイスを提供できる点にあります。

② ITに強い理系出身の税理士

私はもともとITエンジニア志望で、大学と大学院で情報工学を専攻していました。
Excelやマクロも得意で、役人の頃もちょっとした定型業務では自分が組んだマクロが重宝されたものです。ちなみにこのホームページも私が自ら制作・運営しています。

当事務所は、クラウド会計ソフト(MFクラウド、freee)やGoogle Workspaceを始めとするクラウドで駆動するソフトウェアを徹底的に活用するスタイルを志向しています
お客様との資料共有にはオンラインストレージを利用し、日ごろのご相談も対面や電話のほか、ZOOMやビジネスチャット(Chatwork、LINE WORKS)などリモートでも受け付けています。

③ 税理士・社労士のダブルホルダー

税理士資格に加えて社会保険労務士(社労士)のライセンスを保有しています。

税務や会計は、社会保険や労務の分野と密接に関連しています。例えば役員報酬や給与を適切に決定するためには、税法の知識だけでなく労働基準法や健康保険法・厚生年金法・雇用保険法といった人事労務領域の知識が必要不可欠です。
さらには社会保険・労働保険の各種手続き、就業規則の作成、雇用関係の助成金申請などの代理は社労士の独占業務であり、税理士資格だけではこれらを代理できません。

当事務所では、税理士・社労士のダブルライセンスにより、税務・会計・人事・労務を一気通貫でサポートいたします

略歴

  • 同志社大学工学部知識工学科卒業
  • 同志社大学大学院工学研究科知識工学専攻中退
  • 大阪国税局に入局し京都市の税務署に配属。法人の税務調査に従事。
  • 財務省主税局に異動。法人税を中心に税制の制度設計・条文作成に従事。
    以下、担当した税制改正の一例。
    ・所得拡大促進税制の見直し(平成27~30年度改正)
    ・中小企業経営強化税制の創設(平成29年度改正)
    ・暗号資産(仮想通貨)の法人税上の取扱い(令和元年度改正)
    ・連結納税制度からグループ通算制度への移行(令和2年度改正)
  • 財務省を係長で辞職し、2020年キハラ税理士事務所設立
  • 2021年 社会保険労務士登録

資格

  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 日商簿記1級
  • FP2級(2級ファイナンシャル・プランニング技能士)
  • 基本情報技術者 他

執筆

  • 専門誌「税と経営」にてコラム「~元財務省・税制改正担当が語る~税法条文の読み方」連載(2021年8月~)
  • そのほか財務省主税局在籍時は、税制改正(法人税関係)の解説を多数執筆

趣味

  • 音楽
    – キリンジ、Frank Ocean、Prince、Marvin Gayeなど。
  • ウヰスキー
    – クライヌリッシュ、ラガブーリン。ハイボールはIWハーパー。
  • カレー
    – 都内のカレーショップの多様さに幸せを噛みしめる日々。

  • – 20代でトラッドの洗礼を受け、バラクータG9、バブアーなどの名品を蒐集。ドレスクロージングにも精通するも、独立とともにスーツをほとんど捨てる。
  • 剣道
    – 6歳から20歳まで。段位三段
  • その他
    – 事務所を構えてからは、愛着のわく木製家具や植物を探すことが趣味に。

SNS等

  •  
  •  chatworkアイコン
  •  

仕事のご依頼はお電話、お問い合わせフォームのほか、上記のSNS経由でも承っています(LINEはLINE WORKSです)。